コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムコ多糖類 ムコたとうるいmucopolysaccharide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムコ多糖類
ムコたとうるい
mucopolysaccharide

多糖類またはその誘導体と蛋白質との結合物質。ムコは「粘液性」という意味で,生体の運動を円滑にさせ,また細胞や組織の表面をなめらかにおおって,環境に対して保護作用をする。そのなかには,軟骨の主成分で皮膚や肉芽などにも広く存在し,結合組織の弾力の原因となるコンドロイチン硫酸,肺臓や肝臓などの毛細血管の壁に近い細胞に存在し,血液の凝固を阻止しているヘパリン,胃粘膜や角膜にあるムコイチン硫酸,関節の滑液にあるヒアルロン酸など,生理的に重要な意義をもつ数多くの物質が含まれている。主たる構成単位の一つはヘキソサミンやその硫酸誘導体である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムコ多糖類の関連キーワードヒアルロン酸ナトリウムグリコサミノグリカンヒアルロニダーゼコンドロイチングルクロン酸酸性ムコ多糖阿武喜美子サケ・マスモルキオ病リゾチームムコ蛋白質老化現象シアル酸神経痛基底膜保湿剤アロエ正宗一ウナギ腸液

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android