ムコ多糖類(読み)ムコたとうるい(英語表記)mucopolysaccharide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムコ多糖類
ムコたとうるい
mucopolysaccharide

多糖類またはその誘導体と蛋白質との結合物質。ムコは「粘液性」という意味で,生体の運動を円滑にさせ,また細胞や組織の表面をなめらかにおおって,環境に対して保護作用をする。そのなかには,軟骨の主成分で皮膚や肉芽などにも広く存在し,結合組織の弾力の原因となるコンドロイチン硫酸,肺臓や肝臓などの毛細血管の壁に近い細胞に存在し,血液の凝固を阻止しているヘパリン,胃粘膜や角膜にあるムコイチン硫酸,関節の滑液にあるヒアルロン酸など,生理的に重要な意義をもつ数多くの物質が含まれている。主たる構成単位の一つはヘキソサミンやその硫酸誘導体である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android