コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムッサート ムッサートMussato, Albertino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムッサート
Mussato, Albertino

[生]1261. パドバ
[没]1329. キオッジャ
イタリアの文学者,歴史家,政治家。人文主義運動のさきがけをなし,パドバ市を中心とする文化活動を展開,1312~28年にはスカラ家のカングランデに対抗しパドバの攻防戦に加わった。コンパーニ,G.ビッラーニとともに当時最大の歴史家であり,彼によって年代記から歴史への転換がなされたといわれる。主著は 1311~13年の史実をまとめた『エンリコ7世武勲の歴史』 De gestis HenriciVIICaesaris (16巻) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムッサート【Albertino Mussato】

1261‐1329
イタリアの政治家,詩人,歴史家。早くに孤児となり,筆写で生活費を稼いだ。公証人となったのち,1296年生地パドバの評議会員となり政治家としての第一歩を踏み出した。種々の要職につき,1311年には外交官としてミラノハインリヒ7世(神聖ローマ皇帝)のもとに赴く。コムーネの自由を守るためデラ・スカラ家のカングランデとの戦いに参戦,負傷して捕虜となった。その後パドバに帰還,15年の誕生日に,詩人,歴史家として戴冠の栄誉に浴した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のムッサートの言及

【人文主義】より

…したがって人文主義の起源としては,いわゆるカロリング・ルネサンスや12世紀ルネサンスにさかのぼらねばならないし,さらにはアベラールやソールズベリーのヨハネスやリールのアラヌスといった文人たちにも言及せねばなるまい。またイタリアにおける先行人文主義者としては,ムッサートAlbertino Mussato(1261‐1329)の名前が真っ先にあげられるし,12,13世紀にローマ法を再興させたボローニャの法律学者たちを忘れてはならないとする主張もある。その点からすればルネサンス人文主義は中世人文主義の延長にすぎないとする中世主義者たちも少なくない。…

※「ムッサート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムッサートの関連キーワード弘長ミハイル(8世)パレオロゴス朝ヨハネス4世ウルバヌス4世ホノリウス4世ルーミームッサート元徳地方財政計画

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone