コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハリ(木華黎) ムハリMukhali

1件 の用語解説(ムハリ(木華黎)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムハリ(木華黎)
ムハリ
Mukhali

[生]1170
[没]1223
モンゴル帝国の武将。四傑の一人。ジャライル部の人。初めジュルキン氏に従属したが,チンギス・ハンに討滅されたとき父に連れられて来降。以来チンギス・ハンとケレイト部との決戦などに活躍し,1206年モンゴル帝国成立後,ボオルチュ (孛斡児出) と並ぶ最大功臣として,興安嶺方面のモンゴル軍を管轄する万戸長に任じられ,ダルハン (荅剌罕) の資格も与えられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムハリ(木華黎)の関連キーワード今鏡新田荘フィリップ大友能直フィリップパキスタン大統領今鏡ウンブリエルエルベ川王嚞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone