コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムハリ(木華黎) ムハリMukhali

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムハリ(木華黎)
ムハリ
Mukhali

[生]1170
[没]1223
モンゴル帝国の武将。四傑の一人。ジャライル部の人。初めジュルキン氏に従属したが,チンギス・ハンに討滅されたとき父に連れられて来降。以来チンギス・ハンとケレイト部との決戦などに活躍し,1206年モンゴル帝国成立後,ボオルチュ (孛斡児出) と並ぶ最大功臣として,興安嶺方面のモンゴル軍を管轄する万戸長に任じられ,ダルハン (荅剌罕) の資格も与えられた。 11年からの金国征討にも功を立て,17年大師国王の称号を与えられ,新占領地の漢地を経営する全権司令官である都行省承制行事に任じられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムハリ(木華黎)の関連キーワードバイジュ(拝住)チンギス・ハンジャライル石抹也先史天沢厳実

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android