コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーラオ族(仫佬族) ムーラオぞくMù lǎo zú

世界大百科事典 第2版の解説

ムーラオぞく【ムーラオ族(仫佬族) Mù lǎo zú】

中国の少数民族の一つ。広西チワン(壮)族自治区の羅城県を中心に宜山,柳城,都安,忻城などの諸県に分布する。人口は約16万(1990)。自称は,ムーラン(Muləm),リン(Ling),ジン(Jin)など。漢族は彼らを仫佬と称し,チワン族はプージン(布謹)と称する。漢籍には姆佬,木佬などと記載される。言語はシナ・チベット語族中のチワン・トン(侗)語族トン・スイ(水)語支に属する。山間の渓流に開けた小平野,小盆地に居住し,水稲耕作に従事しているが,トウモロコシ,豆類,いも類などもつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone