コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーラオ族 ムーラオぞくMulao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムーラオ族
ムーラオぞく
Mulao

中国,広西チワン (壮) 族自治区の羅城,宜山,柳城,都安,忻城などの県に居住する少数民族。人口約 10万 3940 (1990) 。言語はシナ=チベット語族に属し,文化的には漢族チワン族の影響が濃い。水稲コムギトウモロコシなどの栽培を生業とする。精霊信仰祖先崇拝を中心とするが,道教も信仰される。村落の構成は同姓同族が基本で,婚姻においてはプルオフチア (不落夫家) と呼ばれる,子供が生れるまでは妻が生家を出ない習俗がみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ムーラオ族【ムーラオぞく】

中国,広西チワン族自治区中部・北西部,とくに羅城ムーラオ族自治県(1984年成立)を中心に居住する民族。〈ムーラオ〉は他称。言語はトン語(トン族)やスイ語(スイ族)に近い。
→関連項目広西チワン(壮)族自治区

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ムーラオ族の関連キーワード広西チワン(壮)族自治区広西(チワン族自治区)チワン(壮)族スイ(水)族

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android