コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チワン族 チワンゾク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チワン族
ちわんぞく / 壮族
Zhuang

中国の55の少数民族中で最大の人口(約1560万、1990)をもつ少数民族。広西チワン族自治区に人口の大半が居住するが、雲南、広東(カントン)、貴州、湖南の各省にも一部居住している。日常生活において漢民族との区別がつきにくいほど漢化が進んでいる。「チワン」という名称は彼らの自称に由来するが、これにあてられた漢字は「撞」から「」へと変遷し、解放後にけもの偏の文字のかわりに用いられた「僮」は音がずれるため、1965年から「壮」となった。言語はタイ系で、中国ではチワン・トン系と分類する。広西南部の左江両岸に連綿と続く峭壁(しょうへき)上には、かつてのチワンの人々の生活を知る重要な手掛りとなる壁画が残されており、500個以上出土している銅鼓とともに重要な歴史的遺物である。峭壁の壁画は、2016年、「左江の花山岩絵の文化的景観」としてユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。文身(ぶんしん)(入れ墨)や杭上(こうじょう)家屋が残っている地域もあり、これら伝統文化との関係から古代の百越(ひゃくえつ)の人々との関係が指摘されている。
 水稲を中心として、トウモロコシ、いも類を栽培するほか、気候に恵まれているため各種果物や茶なども産する。ろうけつ染めは特産として有名である。祭日には糯米(もちごめ)を炊き、植物で彩色した五色飯を食べる地域もある。解放前は各地で行われる歌垣(うたがき)が、青年男女の配偶者選びの機会となった。現在もかけあい歌は盛んである。1980年代ごろまでは、結婚後も妻がしばらくの間、自分の実家で生活する「不落夫家」の慣習が伝統的にみられた。[横山廣子]
『馬寅編、君島久子監訳『概説中国の少数民族』(1987・三省堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チワン族の関連キーワードコワンシー(チワン族自治区)カンシー(チワン族自治区)マオナン(毛南)族チワン(壮)語プイ(布依)族チワン(壮)族広西壮族自治区キン(京)族ムーラオ族チュアン族タイ[人]彝族・彜族両広山地雲貴高原十万大山南嶺山脈羅漢果劉永福韋国清広東語

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チワン族の関連情報