コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーラン ムーランMoulins

5件 の用語解説(ムーランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムーラン
ムーラン
Moulins

フランス中部,オーベルニュ地方,アリエ県の県都。ビシーの北約 50kmにあり,アリエ川に沿う商業中心地。主工業は製靴,精密機械,醸造,家具。付近では穀物を産するほか牧牛も行われる。 15世紀末にブルボン公領の首都となり,15~16世紀に最も繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムーラン【Moulins】

フランス中部,アリエ県の県都。人口2万3000(1990)。パリの南南東292km,ブルボン公ゆかりの城館(14世紀)を中心に発達した城下町である。城館の遺構のほか,15世紀のムーランの名匠の手になる三折り祭壇画や15,16世紀のステンド・グラスで知られるノートル・ダム大聖堂(15,16,19世紀),時計塔,アンリ・ド・モンモランシーの霊廟(17世紀)のあるバンビル高等学校の付属礼拝堂などがあり,旧市街には古い家並みがいまなお残る。

ムーラン【Jean Moulin】

1899‐1943
フランスの政治家。第2次世界大戦でフランスがドイツに敗れた当時,ウール・エ・ロアール県知事であったが,占領軍との協力をよしとせず,ビシー政府により休職扱いにされ,1941年秋ひそかにロンドンに脱出する。そこでド・ゴール将軍にフランス国内レジスタンスの重要性を説き,レジスタンス諸勢力との接触およびその統一の使命を帯びて,42年初頭ふたたび国内に潜入し,ビシー支配地域においてレジスタンスの有力諸組織を結合した統一レジスタンス運動(MUR)を形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムーラン
むーらん
Moulins

フランス中部、アリエ県の県都。パリの南南東292キロメートル、アリエ川中流沿いに位置する。人口2万1892(1999)。中・近世にはブルボン公領(ブルボネ)の中心都市で、旧市街には14世紀のブルボン公爵の城跡、15世紀のムーランの画家の祭壇画を蔵するムーラン大聖堂、15世紀の鐘楼ジャックマール、リセ・バンビルの礼拝堂(17世紀)が残る。皮革、機械、電気などの工業が行われる。[大嶽幸彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のムーランの言及

【急進社会党】より

…急進党は40年6月の敗戦によって分裂,一部はビシー政府に協力し,一部はレジスタンスに参加した。全国抵抗評議会の初代議長ムーランJean Moulin(1899‐1943)は急進党員であり,マンデス・フランスらはド・ゴールに協力した。しかし共産党,社会党,人民共和派3党が支配した解放直後は,第三共和政への批判的空気が強く,第四共和政憲法案に反対した急進党は最初の総選挙で惨敗した。…

【急進社会党】より

…急進党は40年6月の敗戦によって分裂,一部はビシー政府に協力し,一部はレジスタンスに参加した。全国抵抗評議会の初代議長ムーランJean Moulin(1899‐1943)は急進党員であり,マンデス・フランスらはド・ゴールに協力した。しかし共産党,社会党,人民共和派3党が支配した解放直後は,第三共和政への批判的空気が強く,第四共和政憲法案に反対した急進党は最初の総選挙で惨敗した。…

※「ムーラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムーランの関連情報