メキシコシティーオリンピック(1968年)(読み)メキシコシティーオリンピック

百科事典マイペディアの解説

メキシコシティーオリンピック(1968年)【メキシコシティーオリンピック】

1968年にメキシコのメキシコシティーで開催された第19回オリンピック競技大会。10月12日から10月27日までの16日間にわたり熱戦が繰り広げられた。112の国や地域が参加し,19競技,172種目が行われた。ウェイトリフティングの三宅義信が2大会連続の金メダル,弟の義行が銅メダルを獲得し,兄弟で同じ表彰台に立った。サッカーではアジア勢初の銅メダル。釜本邦茂が6試合で7ゴールを決め,得点王に輝いた。日本は合計11個の金メダルを獲得。東京オリンピックに続き,アメリカ,ソビエトに次ぐ3位となった。
→関連項目アベベ遠藤幸雄クロール個人メドレー柔道背泳ぎ全天候トラック円谷幸吉バタフライ平泳ぎフォアマン棒高跳びボクシングマラソン(スポーツ)ライフル射撃レスリング

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android