メキシコ-シティ歴史地区とソチミルコ(読み)メキシコシティれきしちくとソチミルコ

世界遺産詳解の解説

メキシコシティれきしちくとソチミルコ【メキシコ-シティ歴史地区とソチミルコ】

1987年に登録されたメキシコの世界遺産(文化遺産)で、メキシコ・シティの中央広場(ソカロ)を中心にスペイン植民地時代の建築物が立ち並ぶ地域と、メキシコ・シティの南約20kmにある水郷ソチミルコを指す。16世紀初め、アステカ帝国を滅ぼしたスペイン人は、直ちに植民地の首都の建設を始めた。240m四方の中央広場には、250年もの歳月をかけて改築された大聖堂をはじめ、国立宮殿、アラメダ公園などの遺産が残っている。1978年、電気工事中に大聖堂裏で一枚岩円盤が発見され、その後の発掘で大神殿が姿を現した。ここは、かつてアステカ帝国の都として栄えた場所で、しかも湖上に浮かんでいた。スペイン人は、湖を埋め立て、アステカの建造物を破壊した上に建物を建てた。一方、ソチミルコでは、アステカ人が生み出したチナンパ(浮き畑)と呼ばれる独創的な農耕法が受け継がれている。このような文化的価値が評価され、メキシコ・シティ歴史地区と共に世界遺産に登録された。◇英名はHistoric Centre of Mexico City and Xochimilco

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android