メジアン

精選版 日本国語大辞典「メジアン」の解説

メジアン

〘名〙 (median)⸨メディアン⸩ 統計資料を小さい方から順に並べたとき、ちょうど中央にくる値。資料の個数が偶数のときは、中央の二つの値の平均値をいう。中央値。中位数。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「メジアン」の解説

メジアン

統計処理における複数の数値の集合で、数値を小さい順に並べて中央に位置する値のこと。データの個数が偶数の場合、メジアンは中央の2つの値の中間となる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「メジアン」の解説

メジアン【median】

離散型の確率変数が値x1,x2,……,xn(便宜上x1x2<……<xnとする)をそれぞれ確率p1,p2,……,pnで取るとすると,p1p2+……+pr-1≦1/2かつp1p2+……+pr>1/2となるrがただ一つ定まるが,このときxrをメジアンまたは中央値,中位数という。この値は確率変数Xの代表値として用いられることが多い。他の代表値としては平均が典型的である。Xの分布を定めるxi,piが未知である場合に,N個の標本データを得たとすれば,度数分布fi/N(fiは値xiを取る標本の数)としてf1f2+……+fr-1N/2,f1f2+……+frN/2となるxrをメジアンの代りに採用して標本中央値という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のメジアンの言及

【数理統計学】より

…それはすべての測定値(一般的にいえば各個体に付随する標識としての数値)を加えて,その和を集団の数で割ったものである。このほかの代表値として中位数(メジアンともいう)がある。それは数値を大きさの順に並べたとき中央に位置する値をいう。…

※「メジアン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android