コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メジロザメ メジロザメ Carcharhinus plumbeus

2件 の用語解説(メジロザメの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メジロザメ
メジロザメ
Carcharhinus plumbeus

メジロザメ目メジロザメ科の海水魚。全長 2.5mに達する。頭は幅広く縦扁する。吻は短く,先端は鈍い。尾鰭起部の尾柄上下に凹窩がある。呼吸孔をもたない。眼は小さく,瞬膜がある。体色は灰褐色で特に斑紋をもたない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メジロザメ
めじろざめ / 目白鮫
requiem sharks

軟骨魚綱サメ目メジロザメ科の総称、またはそのなかの1種。メジロザメ類は世界の温・熱帯海域に分布する。目に瞬膜(一種の瞼(まぶた))がよく発達するサメのグループで、サンゴ礁などの沿岸域から沖合いに至る表層域に広く進化適応し、十数属に分類される。
 イタチザメGaleocerdo cuvieriは1属1種で、体に縞(しま)模様があるところから英名ではtiger sharkである。性質も凶暴で「人食いザメ」の一種である。ヨシキリザメPrionace glaucaは英名をgreat blue sharkといい、温帯にもよくみられ、量的にかなり多く、温帯外洋域では食物連鎖の最上位に位し、生態系に与える影響力が大きい。メジロザメ属Carcharhinusはもっとも種数が多く、メジロザメC. plumbeusなどが含まれ、典形的なサメ形で世界中に多くの種が知られ、日本近海にも8種程度が分布している。かなり沿岸に近づき、大形種はときに人をも襲う。
 延縄(はえなわ)などで漁獲され、練り製品の原料などになるが、一本釣りやマグロ延縄にかかった魚を食べるため、その被害は非常に大きい。メジロザメ科のサメは、すべて胎生で子を産む。[仲谷一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メジロザメの関連キーワードホオジロザメホホジロザメ鼠鮫目白鮫葦切鮫頬白鮫ホシザメイタチザメメジロザメ(目白鮫)ヨシキリザメ(葭切鮫)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メジロザメの関連情報