メタン細菌(読み)メタンサイキン

大辞林 第三版の解説

メタンさいきん【メタン細菌】

沼や池などでメタンを発生させる嫌気性の細菌。古細菌類に属し、自然界に広く分布する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メタン細菌
めたんさいきん
methane bacteria

メタン生成細菌のことで、メタン発酵細菌ともいう。汚泥、湖沼、河川のほか、哺乳(ほにゅう)動物の消化管などの無酸素的な場所に分布し、化学的独立栄養性ならびに化学的従属栄養性の生活をし、代謝生産物としてメタンガスを発生する。メタノバクテリア科Methanobacteriaceaeのメタノバクテリウム属Methanobacterium、メタノサルシナ属Methanosarcina、メタノコッカス属Methanococcusが代表的なメタン細菌である。現在、メタン細菌は、畜産廃棄物、有機物の多い産業廃棄物や家庭の生(なま)ごみなどの処理と、発生するメタンガス利用という二つの目的をもって使われている。これらの細菌は、細胞が桿(かん)状または球形で、運動性のあるものとないものとがある。グラム染色性は不定で、胞子を形成しない偏性嫌気性細菌である。メタン細菌は二酸化炭素、水素、ギ酸、酢酸、メチルアルコールなどをメタン(CH4)に変換する。このような特性をもつメタン細菌は、生態学的にも重要な位置にあり、自然界における生物遷移の最終メンバーと考えられている。いろいろな生物が物質を生産し、これはまた、さまざまな細菌によって分解されて二酸化炭素などができるが、メタン細菌は、これらの物質を、また分解してメタンを生産するわけである。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android