コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メッツァンジェ メッツァンジェ Metzinger, Jean

3件 の用語解説(メッツァンジェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メッツァンジェ
メッツァンジェ
Metzinger, Jean

[生]1883.6.24. ナント
[没]1956.11.1. パリ
フランスの画家。 1903年からパリに定住。初め新印象主義,次いでフォービスムに影響されたが,08年にキュビスム運動に参加,この派の主要な画家となる。 12年デュシャン兄弟を中心に結成されたキュビスムの一派である「セクシオン・ドール (黄金分割) 」に加わり,同年 A.グレーズとともにキュビスムに関する最初の著書『キュビスム論』 Du cubismeを出版した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メッツァンジェ

フランスの画家,理論家。新印象主義フォービスムを経て,キュビスムに賛同し,グレーズデュシャン・ビヨンらとキュビスムの一集団,〈セクシヨン・ドールSection d'Or〉を設立。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メッツァンジェ
めっつぁんじぇ
Jean Metzinger
(1883―1956)

フランスの画家。ナントに生まれる。初め新印象主義の影響を受け、スーラの手法で絵画を制作。その後フォービスムを経てキュビスムの運動に参加、ピカソブラックなどとともにキュビスムの主要画家の一人となる。1912年にはビヨン三兄弟やグレーズとともにキュビスムの画廊「セクシヨン・ドール(黄金分割)」を開設、同年キュビスムに関する最初の理論的文献となった『キュビスム』をグレーズとともに著した。作品よりもキュビスム運動の推進者として重要視されているが、その画風には明るい色彩に叙情性が感じられる。代表作に『匙(さじ)を持つ女』(1911、フィラデルフィア美術館)、『扇子を持つ女』(1913、ニューヨーク、グッゲンハイム美術館)などがある。パリに没。[染谷 滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メッツァンジェの関連キーワードナントの勅令エヌ垂んとす何て何と無し垂んとするキーテナント三角数ちょこなんとDiaz de la Peña,N.

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone