コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メラノ Merano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メラノ
Merano

ドイツ語ではメラーン Meran。イタリア北部,トレンティノアルトアディジェ州ボルツァーノボーツェン県,トレントの北約 70km,アルプス山麓の都市。アディジェ川の支流パセリア川の右岸,標高 323mに位置する。南チロルの観光保養都市。 12世紀から 1420年までチロル国の首都。 1918年オーストリアからイタリア領となった。温泉と温暖な気候の療養地。ロープウェーで結ばれたスキー場がある。付近で産する果実,ブドウを集散するほか,現在では機械器具,硫黄精製,食品その他の工業が行われる。 12世紀建設のチロル城や 14~15世紀のゴシック様式の聖堂などがある。人口3万 2600 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メラノ【Merano】

イタリア北部,トレンティノ・アルト・アディジェ州ボルツァーノ県の町。ドイツ語名はメランMeran。人口3万3508(1981)。標高323m,パッシリオ川がアディジェ川に合流するところに開けた谷あいの平地にあり,南チロルを代表する観光地で,カジノ,劇場,温泉などがある。ローマ時代に軍隊の駐屯地として発達し,中世においても栄えたが,14世紀にハプスブルク家の支配に入ってからは停滞が続いた。産業は,観光のほか,ブドウ酒や木材加工が盛んである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

メラノの関連キーワード副腎皮質刺激ホルモントレンティノ・アルト・アディジェ[州]皮膚がんのいろいろと自己発見法メラノフログ石(データノート)ヘルツマノフスキー=オルランドマルコ・パオーロ モリナーリメラニン細胞刺激ホルモンメラノサイト刺激ホルモンメラノーマ(悪性黒色腫)プロオピオメラノコルチン白毛症(しらが/白髪)色素細胞刺激ホルモンシュリーレン構造メラニン形成細胞ニグロイド大人種メラノフログ石下垂体ホルモンメラノトロピンインテルメジンリポトロピン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android