メリー・ウィドー(読み)めりーうぃどー(英語表記)Die Lustige Witwe (The Merry Widow)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メリー・ウィドー
めりーうぃどー
Die Lustige Witwe (The Merry Widow)

オーストリアのレハール作曲のオペレッタ。全三幕。1905年ウィーン初演。H・メイヤックのフランス喜劇『大使館随員』を、V・レオンとL・シュタインが脚色。架空の国ポンテベドロのパリ駐在大使は、大金持ちの「陽気な未亡人(メリー・ウイドー)」ハンナがパリの伊達(だて)男と結婚して巨財の海外流出するのを恐れ、大使館随員ダニロと結婚させようとするが、実は2人は以前から深い仲。だがダニロは金と結婚する気はなく、互いに意地の張り合いののち、華やかな舞踏会の席でハッピー・エンドとなる。ウィンナ・オペレッタの「白銀時代」を代表する名作で、世界的に大ヒットした。「メリー・ウィドー・ワルツ」「ビリアの歌」など、美しいメロディーのなかに官能がうずき、ダンスで恋が運ばれていくダンス・オペレッタの先駆となった。日本では1911年(明治44)イギリスのバンドマン一座により初演されたが、その魅力をフルに生かした本格的上演は1979年(昭和54)ウィーン・フォルクスオーパーの初来日公演である。[寺崎裕則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android