メルギー諸島(読み)めるぎーしょとう(英語表記)Mergui Archipelago

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メルギー諸島
めるぎーしょとう
Mergui Archipelago

ミャンマー(ビルマ)南部、マレー半島北西部のテナセリム海岸西方沖にある諸島。カダン、ランピ、レツォーク・アウなどの大島をはじめ、北端のタボイ島から南端のシミラン島まで530キロメートルにわたって、約800の島々が分布、多島海を形成している。マレー半島を構成する山地の一部が沈降したもので、南端は半島最狭部のクラ地峡に接する。住民は少なく、ビルマ人とセルング人のほか、マレー系のモーケン人が諸島の間を家舟に乗って移動生活を行っている。その人口は約6000と推定され、おもに漁業に従事し、沿岸の町などで物資の交換をしている。[別技篤彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

メルギー‐しょとう〔‐シヨタウ〕【メルギー諸島】

Mergui Archipelagoミャンマー南部、マレー半島西岸の沖合のアンダマン海に浮かぶ諸島。マリ島、カダン島をはじめ、南北約530キロメートルにわたって、大小約800もの島々からなる。海上生活を送るモーケン族が多く居住。1990年代末より外国人の観光が解禁され、海岸保養地として知られるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android