コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンディサバル Mendizabal, Juan Álvarez

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンディサバル
Mendizabal, Juan Álvarez

[生]1790頃.カディス
[没]1853.11.3. マドリード
スペインの政治家。ユダヤ系の資産家で,軍隊への物資調達により財をなした。 1835年蔵相,次いで 35~36年首相となり,カルリスタ戦争では自由主義派を指導し,修道院財産を競売に付した。マリア・クリスティナの支持を失って辞任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メンディサバル
めんでぃさばる
Juan lvarez Mendizbal
(1790―1853)

スペインの政治家。ユダヤ系とされる商人の家系に生まれ、早くから商業に携わる。リエゴの蜂起(ほうき)に義勇兵として参加した自由主義者であったため、フェルナンド7世の反動政治が開始された1823年、イギリスに亡命した。ロンドンでも金融家として成功し、内乱にあったポルトガルの自由主義派を支援した。1835年にマリア・クリスティナ摂政(せっしょう)のもとで蔵相、ついで首相となる。その後も蔵相となって、教会修道院財産の国有化と売却、領主制の廃止、農地囲い込みの自由化などを進めた。その目的は、膨らんだ国家債務の清算、カルリスタ戦争(1833~39)により悪化する国家財政の立て直し、近代的土地所有制の導入であった。1843年にふたたび蔵相となったものの、1844年にナルバエスの保守的政権が誕生すると亡命、1847年に帰国、コルテス(議会)議員となったが、要職にはつかなかった。1853年11月にマドリードで死去。[中塚次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メンディサバルの関連キーワード資産家軍隊蔵相

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android