コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メーフラワー号 メーフラワーゴウ

百科事典マイペディアの解説

メーフラワー号【メーフラワーごう】

ピルグリム・ファーザーズ102名を米国に運んだ180トンの英国帆船。1620年9月16日英国プリマスを出港,バージニアを目ざし難航海の末,11月19日コッド岬沖に到着。その後,船の整備,候補地の探査をし,12月21日マサチューセッツ州プリマスの地に全員が上陸し,ここが最初の植民地となった。船は翌年4月までとどまった。上陸前にこの船上で交わされた〈メーフラワー・コンパクト〉は,その後の植民地形成や憲法制定の思想的な背景となった。
→関連項目サウサンプトンニューイングランドブラッドフォードプリマス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

メーフラワーごう【メーフラワー号 Mayflower】

大陸諸国との交易に従事した180トンのイギリス帆船で,ピルグリム・ファーザーズ(巡礼父祖)を乗せて大西洋を渡った。1620年9月16日移住者102名を乗せプリマス港を出航,暴風で難航し,バージニアを目ざしたが北に針路をそれ,11月19日コッド岬沖に達した。上陸前に移住者が交わした契約は,船名にちなんで〈メーフラワー・コンパクト〉と呼ばれる。12月26日入植地プリマスに至り,翌春4月帰途につく。【大下 尚一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

メーフラワーごう【メーフラワー号】

1620年、ピルグリム-ファーザーズがアメリカへ移住する際に乗船した帆船の名。180トン。船上で市民的政治団体形成の「メーフラワー契約」が交わされ、その理念は憲法制定をはじめとしてアメリカ政治思想に大きな影響を与えた。メイフラワー号。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のメーフラワー号の言及

【プロビンスタウン】より

…コッド岬の先端に位置し,観光と漁業が主要産業である。1620年メーフラワー号に乗ったピューリタンが,プリマス上陸前に約1ヵ月間滞在した所として有名である。1700年ごろまでは定住集落が建設されなかった。…

※「メーフラワー号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

メーフラワー号の関連キーワードプロビンスタウンメイフラワー号プリマス植民地ピルグリム新英州誓約

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android