モイライ(英語表記)Moirai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシア神話の運命の女神たち。単数ではモイラ Moira。夜の女神ニュクスの娘とも,ゼウステミスの娘ともいわれる3姉妹で,クロト (紡ぐ者) ,ラケシス (分け与える者) ,アトロポス (曲げえない者) と呼ばれ,各人のためにその運命の糸を紡ぎ,糸巻きに巻取り,断ち切るとされた。アトロポスが過去,クロトが現在,ラケシスが未来を司るという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

《モイラ(Moira)の複数形。原義分け前・割り当てで、まず生と死に結び付けられ、のちに運命の女神に擬人化されたもの》ギリシャ神話で、人間の運命をつかさどる三女神、ラケシス・クロト・アトロポスの総称。ゼウステミス(またはニュクス)の娘たちで、ラケシスが運命を割り当て、クロトが運命の糸を紡ぎ、アトロポスがその糸を断つという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(Moirai) ギリシア神話の運命の三女神。ゼウスとテミスまたはニュクスの娘たち。ラケシスが運命を割り当て、クロトが運命の糸を紡ぎ、アトロポスがその糸を断つという。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のモイライの言及

【モイラ】より

…ギリシア神話の運命の女神。その名は〈割当て〉の意で,一般に3人の老女神とされ,複数形はモイライMoirai。ヘシオドスの《神統記》では,ニュクス(〈夜〉)の娘とも,ゼウスとテミス(〈掟〉)の娘ともされ,またプラトンの《国家》では,アナンケ(〈必然〉)の娘とされているが,両者とも一致してクロトKlōthō(〈つむぎ手〉),ラケシスLachesis(〈配り手〉),アトロポスAtropos(〈変えられない者〉)の名を与えている。…

※「モイライ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android