コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿命論 しゅくめいろん fatalism

翻訳|fatalism

4件 の用語解説(宿命論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宿命論
しゅくめいろん
fatalism

運命論ともいう。何事が起ろうとすべては一種の必然性をもった法則性に従うという考え方。人格化する場合 (「運命の女神」 Parcae,Moirai,Norne) と非人格的な場合 (ホメロスの moira) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅくめい‐ろん【宿命論】

運命論

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しゅくめいろん【宿命論】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宿命論
しゅくめいろん
fatalism英語
Fatalismusドイツ語
fatalismeフランス語

いっさいのものが人知・人力を超えた絶対の力によって決定されるという考え方で、運命論ともいわれる。ギリシアの哲学者ゼノンは、「運命(ヘイマルメネー)に従っていっさいは生ずる」といった。この場合、運命とは存在するものの原因の意味であり、あるいは宇宙をあますところなく導くロゴスの意味である。日常的には、いっさいのことはそうなるように前世から決まっていて、人力ではどうにもならないから、運命に従うほかないという人生態度のことをいう。
 運命には偶然と必然の側面がある。ギリシア語のテュケー(運命)は、「偶然出会う」とか「行き当たる」という意味のことばから由来し、ペプロメネー(運命の女神)も、ポローの完了受動形のペプローマイ(運命として決められた)からきている。ヘイマルメネー(運命)の元のことばメイロマイ(運命づけられる)も分け前をもらうという意味である。運命は人間にとっては偶然的なものとして現れるが、神からみればことごとく必然であり、計画的な決定ずみの事項であるかもしれない。
 ギリシアでは、ゼノンやエピクテトスなどのストア哲学が代表的な宿命論であるが、キリスト教には、世界のいっさいのことがあらかじめ神の意志によって決定されているという予定論の考えがある。仏教の業(ごう)や因縁という考え方のうちに宿命論的な発想をみることもできる。
 宿命という考え方は、たとえそれがどれほど不条理なものであっても、これをやむをえないこととして受け入れ、忍従するという消極的な人生態度につながりがちであるが、自己の運命を静かに見つめ、運命をむしろ自らのものとして積極的に受け入れるニーチェの「運命愛」の思想においては、自由と必然は深いところで一致するのである。[伊藤勝彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宿命論の関連キーワード永続革命論運命劇運命的運命論運命論者数奇愁然フェータリスト然なきだにフェータリズム

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宿命論の関連情報