コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿命論 しゅくめいろんfatalism

翻訳|fatalism

4件 の用語解説(宿命論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宿命論
しゅくめいろん
fatalism

運命論ともいう。何事が起ろうとすべては一種の必然性をもった法則性に従うという考え方。人格化する場合 (「運命の女神」 Parcae,Moirai,Norne) と非人格的な場合 (ホメロスの moira) がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅくめいろん【宿命論】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宿命論
しゅくめいろん
fatalism英語
Fatalismusドイツ語
fatalismeフランス語

いっさいのものが人知・人力を超えた絶対の力によって決定されるという考え方で、運命論ともいわれる。ギリシアの哲学者ゼノンは、「運命(ヘイマルメネー)に従っていっさいは生ずる」といった。この場合、運命とは存在するものの原因の意味であり、あるいは宇宙をあますところなく導くロゴスの意味である。日常的には、いっさいのことはそうなるように前世から決まっていて、人力ではどうにもならないから、運命に従うほかないという人生態度のことをいう。
 運命には偶然と必然の側面がある。ギリシア語のテュケー(運命)は、「偶然出会う」とか「行き当たる」という意味のことばから由来し、ペプロメネー(運命の女神)も、ポローの完了受動形のペプローマイ(運命として決められた)からきている。ヘイマルメネー(運命)の元のことばメイロマイ(運命づけられる)も分け前をもらうという意味である。運命は人間にとっては偶然的なものとして現れるが、神からみればことごとく必然であり、計画的な決定ずみの事項であるかもしれない。
 ギリシアでは、ゼノンやエピクテトスなどのストア哲学が代表的な宿命論であるが、キリスト教には、世界のいっさいのことがあらかじめ神の意志によって決定されているという予定論の考えがある。仏教の業(ごう)や因縁という考え方のうちに宿命論的な発想をみることもできる。
 宿命という考え方は、たとえそれがどれほど不条理なものであっても、これをやむをえないこととして受け入れ、忍従するという消極的な人生態度につながりがちであるが、自己の運命を静かに見つめ、運命をむしろ自らのものとして積極的に受け入れるニーチェの「運命愛」の思想においては、自由と必然は深いところで一致するのである。[伊藤勝彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宿命論の関連情報