コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モウセンゴケ科 モウセンゴケかDroseraceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モウセンゴケ科
モウセンゴケか
Droseraceae

双子葉植物サラセニア目の1科。代表的な食虫植物の科で,モウセンゴケDroseraが世界のほぼ全域に分布するほか,ムジナモ属 Aldrovanda,ハエトリソウ属 Dionaeaなど4属約 100種がある。大部分は湿地に生じる多年草であるが,ムジナモ属は池沼の水中に生育する。小型の両性花を総状または巻散花序につけ,下方のものから次々に開花する。萼片,花弁は4~5枚,おしべは5本で,果実は蒴果となる。なお,小昆虫などの捕獲はモウセンゴケ属では葉面の粘毛で,ムジナモハエトリソウ両属では感覚毛の刺激による葉 (ムジナモでは捕虫嚢という) の開閉で行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モウセンゴケ科
もうせんごけか
[学]Droseraceae

双子葉植物、離弁花類。すべて食虫植物で、多年草であるが、まれに一年草もある。葉は展開の初期には渦巻状で、托葉(たくよう)はない。花は両性で放射相称をなし、総状花序をつくる。萼片(がくへん)、花弁ともに4~5枚、花弁は離生する。雄しべは4~5本であるが、まれに20本のものもある。花柱は3~5本、先端は単純または分裂する。子房は上位で1室、3~5心皮からなる。(さくか)を結ぶ。普通は葉の表面に腺毛(せんもう)があり、この腺毛から粘液を出し、小動物が腺毛に触れるとこの粘液でとらえ、消化する。多くは水湿地に生え、世界に6属120種、日本にモウセンゴケ属5種とムジナモ属1種が分布する。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モウセンゴケ科の関連キーワードナガバノモウセンゴケ(長葉の毛氈苔)モウセンゴケ(毛氈苔)イシモチソウ(石持草)ハエトリソウ(蠅取草)ムジナモ(貉藻)コモウセンゴケハエトリグサイシモチソウ長葉の毛氈苔ハエジゴク匙葉毛氈苔小毛氈苔ドロセラ蠅地獄石持草蠅取花蠅取草毛氈苔砂持草石黐草

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モウセンゴケ科の関連情報