コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モニス モニスMoniz, Antonio Caetano de Abren Freire Egas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モニス
Moniz, Antonio Caetano de Abren Freire Egas

[生]1874.11.29. アバンカ
[没]1955.12.13. リスボン
ポルトガルの神経学者,政治家,現代精神外科の創始者。リスボン大学初代神経学教授。統合失調症に対するロボトミー (前頭葉白質切截術) を開発し,現代精神外科への道を開いた功績で,1949年,ウォルター・ルドルフ・ヘスとともにノーベル生理学・医学賞を受けた。しかし,ロボトミーは人道的立場から批判されるようになり,現在では,脳神経外科領域の診断に不可欠な脳血管撮影を創始したことのほうで高く評価されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

モニス

生年月日:1874年11月29日
ポルトガルの神経学者,政治家
1955年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

モニスの関連キーワードワルター・ルドルフ ヘスハーモニー・ソサエティオートロアール県モンセラットマンモナイト生年月日

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android