コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モモス Momos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モモス
Momos

ギリシア神話の非難を神格化した神。夜の女神ニュクスの子の一人で,ゼウスのかたわらにあって,最高神の計画に異議を唱えることにより,それをよりよいものにする役を演じる。たとえば,ふえすぎた人間の重荷に耐えかねた大地の訴えを聞いたゼウスが,人類を雷で焼き殺そうか,または洪水を起して溺死させようかと思案していたとき,モモスは,みずから人間界にヘレネを誕生させる一方で,テティスを人間と結婚させてアキレウスを誕生させ,アジアとギリシアの間に戦争を引起せばよいとゼウスに提案し,これによってトロイ戦争が起されることになったといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

モモス【Momos】

古代ギリシャの神。他人を非難したり、皮肉を言ったりすることの擬人神。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

モモスの関連キーワードヴァルター イェンスギリシア神話雀蛾・天蛾イモムシ山下若菜スズメガ他人航平

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android