コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神統記 しんとうき

大辞林 第三版の解説

しんとうき【神統記】

〔theogony〕 多神教で、神話を体系化して神々の発生してきた系統を明らかにした書物。神統譜。
ギリシャ Theogonia 神々の誕生の意〕 古代ギリシャの叙事詩。紀元前700年頃の詩人ヘシオドス作。宇宙の誕生からゼウスによる世界の支配までの過程をうたい、ホメロス詩とともに神界の組織体系の大綱を与えた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しんとうき【神統記】

《原題、〈ギリシャTheogonia》紀元前8世紀ごろのギリシャの詩人、ヘシオドスの代表作。世界の始まりと々の系譜をテーマとする、1022行の叙事詩

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しんとうき【神統記 Theogonia】

前700年ころのギリシアの詩人ヘシオドスの作品。原題の《テオゴニア》は〈神々の誕生〉の意。ホメロス叙事詩風の詩形措辞によって,カオス(〈虚空〉あるいは〈混沌〉),エロス(〈愛〉),ガイア(〈大地〉)の誕生から語り起こし,母神ガイアから生まれた男神たちの間に3度くりかえされる権力争奪を語り,最後に勝利者となったゼウスが,天上・地上・地下の世界に新しい秩序を樹立するまでの経緯を1022行にまとめたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神統記
しんとうき
Theogonia

古代ギリシアの詩人ヘシオドスの叙事詩。ヘリコン山でミューズの霊感を受け、詩人の自覚を得た彼の最初期の作品。この作品の主題は、オリンポスの神々、地方の神霊のみならず、海、山、天、星辰(せいしん)、さらに苦痛、労苦、飢餓、争いなど、人間に強い影響を及ぼす無数の神々の起源と系譜、いいかえれば、宇宙の始源カオスからゼウスの支配する秩序世界成立の全過程を歌い、語り、説き明かすことにあった。この作品は神々の生成論(テオゴニアー)であるとともに宇宙生成論(コスモゴニアー)としての一面をもち、後のギリシア哲学の形成にとっても重要な意味をもつ。詩人の独創的思索力をうかがわせるが、古代東方思想の影響も多いと考えられている。[廣川洋一]
『廣川洋一訳『神統記』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の神統記の言及

【ウラノス】より

…世界の最初の支配者。ヘシオドスの《神統記》によれば,大地女神ガイアの子として生まれた彼は,ガイアとの間に12柱のティタン神その他の子をもうけたが,それらの子すべてを大地の奥底タルタロスに押し込めたため,ガイアから父神の非道に報復するよう説得された最年少のティタン神クロノスによって,大鎌で陽物を切り落とされ,天地の支配者の地位を追われたという。【水谷 智洋】。…

【ギリシア神話】より

…ギリシア最古の文献でもあるホメロスの叙事詩《イーリアス》《オデュッセイア》。ついで神々の系譜の総合的整序の企てともいうべきヘシオドスの《神統記》と《農と暦(仕事と日々)》。諸神に捧げられた《ホメロス賛歌》。…

【詩】より

…これはトロイア戦争を題材とする膨大な叙事詩群の一部をなすもので,紀元前8世紀ごろ成立したとされるが,実際にはそれ以前から長期にわたって吟遊詩人によって語り伝えられていたものらしい。これら英雄や神々の物語とは別に,庶民の日常生活に根ざしたヘシオドス(前700ごろ)の《農と暦》や,神話伝説を整理した《神統記》もある。抒情詩を代表するのはアルカイオスと女流詩人サッフォー(ともに前7世紀)で,ついでアナクレオンが出るが,いずれも古くから伝わる独唱歌の様式を踏んでいる。…

【スフィンクス】より

…これらの神話的イメージは一方ではライオンの変形として東方に伝播し,ついには日本の唐獅子となり,他方では有翼の神として各種の天使像,さらには東洋の飛天像にも影響を及ぼした。 他方,ギリシアの伝説ではスフィンクスを蛇女エキドナと犬のオルトロスの子とするもの(ヘシオドスの《神統記》),テーバイ王ライオスの娘(庶子)とするものなどがあり,最も有名なものはオイディプス伝説の一部を成している。これによるとスフィンクスは女神ヘラによってテーバイ西方のフィキオン山におかれた。…

【ヘシオドス】より

…彼自身の言葉によれば,父は小アジアのアイオリス人の植民地に住み,船を操り貿易を業としたが,のちボイオティアの寒村アスクラに移り住み,ヘシオドスとペルセスPersēsの兄弟はそこに生育した。《神統記》序詞によれば,ヘシオドスがヘリコン山の山腹で羊飼いの暮しをしていたとき詩神(ムーサたち)が現れ,彼に詩人になるようにと月桂樹の杖を与え,声と言葉を吹きこみ,人間の来し方行く末の偉業をたたえ,とこしえなる神々の族に賛美を尽くすようにと命じたという。ギリシア最古の天地誕生の歌であり神々の系譜詩である《神統記》はこうして生まれた。…

※「神統記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神統記の関連キーワードフォイエルバッハイコノグラフィーヘファイストスプロメテウスアフロディテキュクロプスギリシア神話ギリシア文学エリニュスケルベロス説話文学キマイラカリテスウラノスホーライ多神教ヘカテモイラテミスムーサ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android