コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルトウイスキー malt whisky

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モルトウイスキー
malt whisky

大麦の麦芽だけを原料にしたウイスキー。麦芽を乾燥させるためピート (泥炭) を焼き,その独自の香りをつけ,原始的なポットスチルと呼ぶ単式蒸留機を使うことが特徴で,手間ひまはかかるが,能率的なグレインウイスキーに比べ,はるかに風味の点でまさる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

モルトウイスキー

麦芽(モルト)を発酵させ、ポットスチル(単式蒸留器)で二回蒸留、オーク樽で熟成。原料は大麦麦芽のみ。これだけを瓶詰めしたものがピュアモルトウイスキー。麦芽、トウモロコシライ麦などの穀類を原料にパテントスチル(連続式蒸留器)で造ったものがグレンウイスキー。この二つをブレンドしたブレンデッドウイスキーが世界の主流。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

モルトウイスキー

 発芽したオオムギの麦芽のみで仕込んだウイスキー.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

モルトウイスキー【malt whisky】


大麦麦芽以外の穀物を用いず、麦芽だけを発酵させ、その発酵液を単式蒸留機で2~3回蒸留して製するウイスキー。原料や発酵・蒸留工程が香味に強く影響して特徴が強く出る。◇「モルト」と略す。「モルト」は「麦芽」の意。⇒グレーンウイスキー

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モルトウイスキー
もるとういすきー
malt whisky

麦芽(モルト)のみを原料とするウイスキー。オオムギを発芽させて麦芽をつくり、乾燥時にピート(泥炭)を燃やして薫香をつける。これを粉砕し、約4倍量の湯水を加え、60~65℃に保って糖化し、濾過(ろか)、冷却して発酵させる。もろみを単式蒸留機(ポットスチル)で2回蒸留し、再留時にはアルコール分65%程度の中留区分のみをとり、樫樽(かしたる)(シェリーの古樽を用いることもある)に貯蔵する。モルトウイスキーは強い性格だけに蒸留所の個性がはっきり出る。スコットランドでは、数多くの蒸留所が自己のモルトウイスキーを他所のウイスキーとブレンドせず、シングルモルトウイスキー、またはピュアモルトウイスキーの名で市場に出しており、それぞれの蒸留所の個性が楽しめるが、数量的にはスコッチウイスキー全体の1%程度である。[鴨川晴比古]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

モルトウイスキーの関連キーワードサントリーシングルモルトウイスキー 山崎サントリーシングルモルトウイスキー 白州single malt whiskeyニッカ竹鶴ピュアモルトハイボールblended whiskeyサントリーホールディングスgrain whiskeyシングルモルトウイスキーアイリッシュウイスキーシングルモルト宮城峡ピュアモルトブラックピュアモルトホワイトピュアモルトレッドスコッチウイスキーシングルモルト余市ディスティラーズ竹鶴ピュアモルトバッテッドモルトシングルモルトスペイサイド

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モルトウイスキーの関連情報