コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンクアザラシ monk seal

2件 の用語解説(モンクアザラシの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モンクアザラシ【monk seal】

鰭脚(ききやく)目アザラシ科モンクアザラシ属Monachusに属する哺乳類の総称。チチュウカイモンクアザラシ,ハワイモンクアザラシ,カリブカイモンクアザラシの3種からなる。低緯度海域に生息する唯一のアザラシで,絶滅の危機にあり,国際保護動物になっている。茶褐色の体色をし,体長は雌雄ほぼ等しく,2.1~2.4mである。頭が丸く,毛が細く比較的密生しその顔つきがちょうどキリスト教の修道士monkのようなところからこう呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モンクアザラシ
もんくあざらし
monk seal
[学]Monachus spp.

哺乳(ほにゅう)綱鰭脚(ききゃく)目アザラシ科に属する海獣。チチュウカイモンクアザラシMonachus monachus、ハワイモンクアザラシMonachus schauinslandi、カリブモンクアザラシMonachus tropicalisの3種があり、北半球の暖海の地中海からカナリア諸島にかけてと、カリブ海諸島およびハワイ諸島の沿岸に生息。体長は約3メートル、淡灰褐色の短く細い毛が密生している。原始的な形態を一部保っており、生息域への人間の侵入に影響を受けやすいために漸次減少し、カリブモンクアザラシは絶滅種となり、ほかの2種も絶滅の危機に瀕(ひん)している。[西脇昌治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のモンクアザラシの言及

【アザラシ(海豹)】より

…北半球では,北太平洋にクラカケアザラシ(イラスト),アゴヒゲアザラシ,ゴマフアザラシ(イラスト)の3種,北大西洋にハイイロアザラシ(イラスト),ズキンアザラシ,タテゴトアザラシ(イラスト)の3種,両方にワモンアザラシ(イラスト),ゼニガタアザラシ(イラスト)の2種が分布する。北半球の低緯度地方にはモンクアザラシ類3種とキタゾウアザラシが分布し,カスピ海やバイカル湖にもワモンアザラシ類2種が分布する。南半球ではすべてが南極海に分布し,流氷域にヒョウアザラシ(イラスト),カニクイアザラシ,ロスアザラシが分布する。…

※「モンクアザラシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone