コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンタルボ モンタルボMontalvo, Juan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンタルボ
Montalvo, Juan

[生]1832.4.13. アンバト
[没]1889.1.17. パリ
エクアドルの作家。 20代から卓越した論客として知られ,いったん外交官としてパリに渡ったが 1860年に帰国。当時のガルシア・モレノによる独裁政治に痛烈な批判のほこ先を向け,75年に独裁者が死んだのちも執拗に国内政治の刷新を叫び続けたため,ほとんど永久追放の形で亡命,晩年をパリでおくった。強烈な個性を秘めたロマンチックな個人主義者であるが,その文章は古典的ともいえる端正さと節度を保っている。エッセー『7つの論文』 Siete tratados (1882) ,『セルバンテスの書き忘れた章』 Capítulos que se le olvidaron a Cervantes (95) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンタルボ【Juan Montalvo】

1833‐89
エクアドルの作家。アンバトの富裕な家庭に生まれ,キトで哲学を修めた後外交官となった。約8年間の滞欧生活を通じ,文芸への関心を深め,1859年に帰国すると,時の大統領ガルシア・モレノの独裁政治に反発し,批判をペンに託した。自由主義的な新聞を発行して国外追放となり,コロンビアで代表的作品《七つの試論》《セルバンテスの書き忘れた章》を著し,〈南米のセルバンテス〉の異名をとった。【寿里 順平】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

モンタルボの関連キーワードアマディス・デ・ガウラカリフォルニア[州]4月13日騎士物語テルエル