コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モークリー Mauchly, John W.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モークリー
Mauchly, John W.

[生]1907.8.30. オハイオ,シンシナティ
[没]1980.1.8. ペンシルバニア,アンブラー
アメリカ合衆国の物理学者,技術者。 1946年,J.プレスパー・エッカートとともに世界初の汎用コンピュータENIAC; Electronic Numerical Integrator and Computerを発明した。フルネーム John William Mauchly。大学卒業後,ペンシルバニア大学電気工学科助教授となる。第2次世界大戦中,エッカートとともに,陸軍から弾道計算手法の開発を依頼され,データを符号化して処理する汎用デジタルコンピュータの構築を提案。 1946年,J.V.アタナソフの発明を取り入れた ENIACを完成させた。 1948年,モークリーとエッカートはコンピュータ製造会社を設立。 1949年,パンチカードに代えて磁気テープを使用する二進法計算機 BINAC; Binary Automatic Computerを発表した。 1950年,2人の会社エッカート・モークリー・コンピュータは,レミントン・ランド (のちのスペリーランド) に買収された。 BINACに続き開発された UNIVAC I; Universal Automatic Computerは,商用データ処理を目的とした。モークリー・アソシエイツの社長 (1959~65) ,会長 (1965~69) ,ダイナトレンド社長 (1968~80) とマーケットトレンド社長 (1970~80) を務めた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

モークリー【John William Mauchly】

1907~1980) アメリカの電子工学者。エッカートと、ENIAC を完成、市販コンピューター第一号の UNIVAC を開発。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モークリー
もーくりー
John Mauchly
(1907―1980)

アメリカの電子工学技術者。世界で最初に実用化された汎用(はんよう)コンピュータENIAC(エニアック)(electronic numerical integrator and calculator)の開発で、エッカートJohn Presper Eckert Jr.(1919―1995)とともに中心的役割を果たした。オハイオ州シンシナティ生まれ。ジョンズ・ホプキンズ工科大学に学び、学位取得後、いくつかの大学講師を務めた。1941年、戦時技術要員計画によりペンシルベニア大学ムーア・スクールで電気工学を学び、教員として残る。当時エッカートは大学院研究生であった。ムーア・スクールとアメリカ陸軍弾道研究所による「電子式数値積分計算機」(ENIAC=Electronic Numerical Integrator and Computer)の開発計画の際に技術者と数学者からなるプロジェクトチームが編成されたが、その全体的な指揮者がモークリーで、主任技師のエッカートが実質的なリーダーであった。弾道研究所側の中心的役割を果たしたのが数学者ゴールドシュタインHerman Heine Goldstine(1913―2004)である。ENIACは1946年に完成したが、1万8800本の真空管を要し、幅100フィート(約30.5メートル)、高さ10フィート(約3メートル)、奥行3フィート(約0.9メートル)という巨大なものであった。
 モークリーとエッカートはENIAC完成後、大学を去り共同でエッカート・モークリー社Eckert-Mauchly Computer Corporation(EMCC)を設立して、水銀遅延線を用いた計算機BINAC(バイナック)を開発、ついでUNIVAC(ユニバック)を完成した。UNIVACは最初の商用コンピュータUNIVAC‐として販売された。[荒川 泓]
『H・H・ゴールドシュタイン著、末包良太他訳『計算機の歴史――パスカルからノイマンまで』(1974・共立出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

モークリーの関連キーワードホッパー(Grace Murray Hopper)ジョン・プレスパー・エッカートエレクトロニクス史(年表)ジョン・P. エッカートコンピュータ史(年表)ジョン モークリージョン・モークリー8月30日エニアック渡辺貞