モースの硬度計(読み)モースノコウドケイ

デジタル大辞泉の解説

モース‐の‐こうどけい〔‐カウドケイ〕【モースの硬度計】

ドイツの鉱物学者モース(F.Mohs[1773~1839])が、鉱物の硬度モース硬さ)を示すために選んだ10種の標準鉱物。これで試料鉱物の表面次ひっかき、硬度を決める。
[補説]硬度と標準鉱物は次の通り。数字が大きいほど硬い。
1 滑石
2 石膏
3 方解石
4 蛍石
5 燐灰石
6 正長石
7 石英
8 黄玉(トパーズ)
9 鋼玉コランダム
10 金剛石ダイヤモンド

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

モースのこうどけい【モースの硬度計】

鉱物の硬軟の程度を表す尺度。10種の鉱物を選び、軟らかいもの(滑石)から硬いもの(ダイヤモンド)へと順に番号をつけて硬さの段階とする。調べる鉱物の表面を、これらで順次ひっかいて硬度を決める。例えば正長石で傷つかず、石英で傷つけば、硬度は6.5。ドイツの鉱物学者モース(F. Mohs1773~1839)の考案。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

モース‐の‐こうどけい ‥カウドケイ【モースの硬度計】

連語〙 (モースはMohs) 硬さがおのおの違う一〇種の標準となる鉱物(滑石・石膏・方解石・蛍石・燐灰石・正長石・石英・黄玉・鋼玉・金剛石)の組み合わせのこと。これらで試料の表面を引っかき、鉱物の硬度を比較する。ドイツの鉱物学者F=モースが考案

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android