コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モースの硬度計 モースノコウドケイ

3件 の用語解説(モースの硬度計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

モース‐の‐こうどけい〔‐カウドケイ〕【モースの硬度計】

ドイツの鉱物学者モース(F.Mohs[1773~1839])が、鉱物の硬度を示すために選んだ10種の標準鉱物。これで試料鉱物の表面を順次ひっかき、硬度を決める。
[補説]硬度と標準鉱物は次の通り。数字が大きいほど硬い。
1 滑石
2 石膏
3 方解石
4 蛍石
5 燐灰石
6 正長石
7 石英
8 黄玉トパーズ
9 鋼玉コランダム
10 金剛石ダイヤモンド

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

モースのこうどけい【モースの硬度計】

鉱物の硬軟の程度を表す尺度。10種の鉱物を選び、軟らかいもの(滑石)から硬いもの(ダイヤモンド)へと順に番号をつけて硬さの段階とする。調べる鉱物の表面を、これらで順次ひっかいて硬度を決める。例えば正長石で傷つかず、石英で傷つけば、硬度は6.5。ドイツの鉱物学者モース(F. Mohs1773~1839)の考案。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モースの硬度計
もーすのこうどけい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モースの硬度計の関連キーワード西ドイツノイマンモーゼル銃統一ドイツモートゴールトシュミットの鉱物学的相律モース硬度計ゴルトシュミットの鉱物学的相律

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone