コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤクブ・ベク Ya`qūb Beg, Muhammad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤクブ・ベク
Ya`qūb Beg, Muhammad

[生]1820頃
[没]1877
東トルキスタンの支配者。コカンド・ハン (浩罕汗) 国の部将としてロシアと戦ったが,1865年に東トルキスタンのカシュガルに侵入し,その支配者となった。のちさらに東方に勢力を伸ばしたが,77年に清朝の左宗棠の軍隊に敗れ,自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤクブ・ベク
やくぶべく
Muammad Ya‘qub Beg
(1820ころ―1877)

19世紀、中央アジアのカシュガルに短命な政権を樹立した人物。西トルキスタンのピシケントに生まれる。滅亡寸前のコーカンド・ハン国の軍人となり、南下するロシア軍と連戦したが敗れ続けた。たまたま東隣の清(しん)朝治下のイスラム教徒が起こした反乱に呼応して、1865年イスラム教団の名家ホージャを擁してカシュガルに侵入した。やがてホージャを追放して独自の政権を確立し、その版図はタリム盆地全域に及んだ。彼は当時の国際関係を巧みに利用して独立を維持していたが、態勢を整えた清朝の左宗棠(さそうとう)軍の反撃に敗れ、混乱のうちに1877年、コルラのオアシスで急病死し、その政権も崩壊した。[堀 直]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヤクブ・ベクの関連キーワードドゥンガン(東干)の乱イリ(伊犂)条約清の時代(年表)中央アジア史フォーサイスドゥンガンイリ条約ウイグルコルラショー回部部将

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android