コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブツバキ(藪椿) ヤブツバキCamellia japonica var. japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤブツバキ(藪椿)
ヤブツバキ
Camellia japonica var. japonica

ツバキ科の常緑高木。日本の暖地,特に太平洋側の海岸近くの丘陵に自生する。数多くの園芸品種のもととなった種類である。高さ3~5mで,厚く光沢のある葉を互生する。花は春早く咲き,枝の先に1個ずつつく。直径5~8cmの5弁花で通常紅色,多数あるおしべは下半部で互いに癒着して筒をなす。果実は径3~5cmの球形果皮が厚く,熟すると開裂して大型褐色のつやのある種子をのぞかせる。この種子から椿油をとる。日本海側の山地には同属の別種ユキツバキ (雪椿) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヤブツバキ(藪椿)の関連キーワードユキツバキ(雪椿)ツバキ科志津川

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android