コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤブマメ Amphicarpaea bracteata (L.) Fernald ssp.edgeworthii (Benth.) Ohashi var.japonica (Oliv.) Ohashi

2件 の用語解説(ヤブマメの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヤブマメ【Amphicarpaea bracteata (L.) Fernald ssp.edgeworthii (Benth.) Ohashi var.japonica (Oliv.) Ohashi】

道端,野原,やぶ,林のまわりなど日当りのよい場所にごく普通に生えているマメ科のつる性一年草。茎は細く,下向きの細い毛がある。葉は3小葉に分かれた複葉で,基部に托葉がある。頂小葉は広卵形または卵形で,長さ3~6cm。2型花をつける。開花する花は8~10月に葉腋(ようえき)から出る短い総状花序に2~8個がつき,紫色の蝶形花で,長さ15~20mm。閉鎖花は花弁がなく,葉腋に1個だけつく。果実は多くは閉鎖花から熟し,地上と地中とにできる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤブマメ
やぶまめ / 藪豆
[学]Amphicarpaea bracteata (L.) Fernald subsp. edgeworthii (Benth.) Ohashi

マメ科の一年草。茎は長いつるとなる。葉は卵状菱形(ひしがた)の3小葉からなる。秋、葉腋(ようえき)に総状花序をつくり、淡紫色の蝶(ちょう)形花を2個から数個ずつつける。また花弁のほとんど発達しない閉鎖花もつける。どちらの花から実った豆果も細長く扁平(へんぺい)で、長さ約3センチメートル、2~4個の種子を含む。閉鎖花由来の豆果は、普通花の豆果とは宿存する萼(がく)裂片の先が鋭くとがっていることで区別できる。また地表付近の枝からは白くて細長い小枝を地中に伸ばし、その先端付近にも閉鎖花をつける。地中の閉鎖花から実った豆果は淡桃色で、大小さまざまのいびつなジャガイモのような形をしており、ただ1個の大きな種子を含む。北海道から九州の野原や道端、林縁に生え、朝鮮半島、中国、ヒマラヤに分布する。[立石庸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone