コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマジソ

百科事典マイペディアの解説

ヤマジソ

シソ科の一年草。北海道〜九州,朝鮮の野山にはえる。は高さ30cm内外,葉は対生し長卵形で短い柄がある。夏〜秋,先に花穂を出し,卵形の包葉わきに淡紅色の小さな唇形(しんけい)花を開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマジソ【Mosla japonica (Benth.) Maxim.】

日当りのよい山の草地道端に生えるシソ科の一年草(イラスト)。茎は直立してよく枝を分け,高さ5~30cm,開出する毛がある。葉は対生し,長卵形で長さ1~3cm,縁には少数鋸歯がある。花は9~10月ころ,茎や枝の先にやや密な花穂を作り,小型で淡紅紫色。花序には卵形~広卵形がある。萼は先が5裂し,毛があって果実のなる時には5~7mmとなる。花冠は長さ約3mm,2唇形。おしべは2本が完全に熟し,他の2本は退化してごく短い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ヤマジソの関連キーワードイヌコウジュ小野 瓢郎小野瓢郎日当り

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android