コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマジソ

百科事典マイペディアの解説

ヤマジソ

シソ科の一年草。北海道〜九州,朝鮮の野山にはえる。は高さ30cm内外,葉は対生し長卵形で短い柄がある。夏〜秋,先に花穂を出し,卵形の包葉わきに淡紅色の小さな唇形(しんけい)花を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマジソ【Mosla japonica (Benth.) Maxim.】

日当りのよい山の草地道端に生えるシソ科の一年草(イラスト)。茎は直立してよく枝を分け,高さ5~30cm,開出する毛がある。葉は対生し,長卵形で長さ1~3cm,縁には少数鋸歯がある。花は9~10月ころ,茎や枝の先にやや密な花穂を作り,小型で淡紅紫色。花序には卵形~広卵形がある。萼は先が5裂し,毛があって果実のなる時には5~7mmとなる。花冠は長さ約3mm,2唇形。おしべは2本が完全に熟し,他の2本は退化してごく短い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヤマジソの関連キーワードイヌコウジュ小野 瓢郎小野瓢郎日当り

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android