コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマジソ

2件 の用語解説(ヤマジソの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヤマジソ

シソ科の一年草。北海道〜九州,朝鮮の野山にはえる。茎は高さ30cm内外,葉は対生し長卵形で短い柄がある。夏〜秋,枝先に花穂を出し,卵形の包葉のわきに淡紅色の小さな唇形(しんけい)花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤマジソ【Mosla japonica (Benth.) Maxim.】

日当りのよい山の草地や道端に生えるシソ科の一年草(イラスト)。茎は直立してよく枝を分け,高さ5~30cm,開出する毛がある。葉は対生し,長卵形で長さ1~3cm,縁には少数の鋸歯がある。花は9~10月ころ,茎や枝の先にやや密な花穂を作り,小型で淡紅紫色。花序には卵形~広卵形の苞がある。萼は先が5裂し,毛があって果実のなる時には5~7mmとなる。花冠は長さ約3mm,2唇形。おしべは2本が完全に熟し,他の2本は退化してごく短い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone