コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマブシタケ(山伏茸) ヤマブシタケHericium erinaceus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマブシタケ(山伏茸)
ヤマブシタケ
Hericium erinaceus

ジョウゴタケ (上戸茸) ,ウサギタケ (兎茸) ,ハリセンボン (針千本) ともいう。担子菌類ヒダナシタケ目ハリタケ科。キノコは倒卵形ないし扁球形の塊で,ナラ,カシなどの広葉樹の枯れた樹幹に吊下がるようにつく。その側面と下面には長さ1~4cmの針が密に垂れ下がって生える。針は初め白色,のちに褐色になる。針の上には担子器を生じる。また上面には比較的短い毛が密生するが,初め白色,のちに淡黄色または淡褐色となる。この短毛には胞子を生じることはない。食用となる。日本全土にみられ,北アメリカヨーロッパ,中国にも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android