ヤマモガシ科(読み)ヤマモガシか(英語表記)Proteaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマモガシ科
ヤマモガシか
Proteaceae

双子葉植物ヤマモガシ目の1科。 60余属約 1000種がある。南半球,特にオーストラリア南アフリカに多数の種が分布し,乾季の長いところによく適応している。日本の暖地に自生するヤマモガシはこの科の分布としては北限に近い。大部分は高木ないし低木。葉は互生,対生,輪生などのつき方をし,また,単純葉から細かく切込む複葉まで変化が多い。花序も総状,穂状などのほか,多数の小花が集って大きな頭状となるもの (プロテアなど) もある。個々の花は花被片,おしべとも4個のものが多い。オーストラリア原産のバンクシア Banksia,南アフリカ原産のプロテアなどは大きく特異な花をつけ観賞用に栽培される。また,オーストラリア原産のマカダミアの種子は高級ナッツとして有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android