ヤマルリソウ(山瑠璃草)(読み)ヤマルリソウ(英語表記)Omphalodes japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマルリソウ(山瑠璃草)
ヤマルリソウ
Omphalodes japonica

ムラサキ科の多年草本州,四国,九州の山地の林内や草地に生える。根出葉はロゼット状に数枚つき,倒披針形で長さ7~10cmあり基部は細い。株の中央から白毛のある茎を群がって出す。茎葉は上に向うに従って小型となり,まばらに互生し無柄である。4~5月頃,先が巻いている総状花序をつける。花は淡青色でのちに濃い青紫色になる。萼は緑色で5裂し,分果は4個あって平滑である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android