ヤルタ秘密協定(読み)ヤルタヒミツキョウテイ

デジタル大辞泉「ヤルタ秘密協定」の解説

ヤルタ‐ひみつきょうてい〔‐ヒミツケフテイ〕【ヤルタ秘密協定】

1945年2月にヤルタ会談で結ばれた対日秘密協定。ドイツ降伏後3か月以内のソ連の対日参戦、南樺太(南サハリン)・千島のソ連帰属、モンゴル人民共和国の現状維持などを決めたもので、1946年2月に公表された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ヤルタ秘密協定」の解説

ヤルタ‐ひみつきょうてい ‥ヒミツケフテイ【ヤルタ秘密協定】

ヤルタ会談で結ばれたソ連の対日参戦に関する秘密協定。千島・南樺太(南サハリン)のソ連帰属、モンゴル人民共和国の現状維持などを条件としてソ連の対日参戦を決定した。この時は日ソ中立条約の有効期間中であった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android