ヤルタ秘密協定(読み)ヤルタヒミツキョウテイ

大辞林 第三版の解説

ヤルタひみつきょうてい【ヤルタ秘密協定】

ヤルタ会談で結ばれ、第二次大戦後1946年二月に公表された日本問題に関する秘密協定。ソ連は対日参戦を条件に、樺太南部と千島列島の領有が認められた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ヤルタ‐ひみつきょうてい ‥ヒミツケフテイ【ヤルタ秘密協定】

ヤルタ会談で結ばれたソ連の対日参戦に関する秘密協定。千島・南樺太(南サハリン)のソ連帰属、モンゴル人民共和国の現状維持などを条件としてソ連の対日参戦を決定した。この時は日ソ中立条約の有効期間中であった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android