ヤンバルヒゴタイ(英語表記)Vernonia cinerea (L.) Less.

世界大百科事典 第2版の解説

ヤンバルヒゴタイ【Vernonia cinerea (L.) Less.】

熱帯アジア原産のキク科多年草。日本では琉球や九州南部で見られる。しばし耕地雑草となる。茎は直立し,40~150cm。葉形の変異性が高く,葉身は菱卵形から卵形または長楕円形などとなる。花期は10~11月ころ。茎上部が分枝し,多数の小さい頭花を散房状の円錐花序につける。頭花は長さ7~8cm,すべて両性の筒状花からなる。総苞は鐘形で,長さ4~5mm。1頭花あたりの小花は20個内外。花冠紫紅色。長さ5~6mm。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤンバルヒゴタイ
やんばるひごたい
[学]Vernonia cinerea (L.) Less.

キク科の多年草。茎は直立し、高さ1メートルに達する。葉は柄があって互生し、菱(ひし)状卵形または卵形、ときに2、3対中裂する。9~12月、茎頂にやや散房状の花序をつくり、多数の頭花をつける。頭花は紅紫色の管状花からなる。冠毛は剛毛状で二列あり、外側の冠毛は短い。道端や耕作地に生え、九州南部、沖縄、小笠原(おがさわら)、および熱帯アジアに広く分布する。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android