コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤースナヤ・ポリャーナ Yasnaya Polyana

世界大百科事典 第2版の解説

ヤースナヤ・ポリャーナ【Yasnaya Polyana】

ロシア連邦,モスクワの南方約190kmにある,L.N.トルストイの生地。ロシア語で〈明るい森の中の草地〉の意であるが,ヤースナヤは,トネリコの木を意味するヤーセンナヤyasennayaのなまりで,広葉樹を主体とする土地柄をよく現している。この地の北方には遊牧民の襲来に備えた大きな森があり,ロシアの中心部にあるトゥーラ市防衛の一翼をになっていた。この地は《戦争と平和》の中で〈禿山(ルイスイエ・ゴールイ)〉として描かれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヤースナヤ・ポリャーナの関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)トゥーラ(ロシア連邦)トルストイ(年譜)レフ トルストイ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android