コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤーダバ朝 ヤーダバちょうYādava

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤーダバ朝
ヤーダバちょう
Yādava

インド,デカン西部に栄えた王朝 (1187~1312) 。 12世紀末に後期チャールキヤ朝から独立し,デオギリ (デーバギリ) の町をつくって都とした。その後デカンのほぼ全域を支配したが,13世紀末以来デリーのハルジー朝の侵入を受けて衰え,1312年に滅んだ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヤーダバちょう【ヤーダバ朝 Yādava】

インドのデカン北西部アウランガーバード地方を拠点として,12世紀から約1世紀間,中部・南部インドの支配をめぐってホイサラ,カーカティーヤ両王朝と対立した王朝。1185ころ‐1318年。セーブナSevuna朝とも呼ばれる。チャールキヤ朝の封臣であったビッラマBhillamaは主家に抗してデーバギリ(のちのダウラターバード)を首都として王朝を興す。1210年王朝を継いだシンガナSiṅghanaはグジャラート地方を服属させ,また南インドに侵攻してはホイサラ朝と覇を競った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤーダバ朝
やーだばちょう
Ydava

南インドの王朝。12世紀末から14世紀初頭にかけてデーバギリを都にデカン北西部を支配した。王家の先祖はカリヤーニのチャールキヤ朝の封臣で、セーブナ地方を領有していたためセーブナ朝ともよばれる。チャールキヤ朝と争って独立し、首都をデーバギリに定めたのは12世紀末のビッマラで、カリヤーニを陥れたのち、デカン南部で勢力を伸長したホイサラ朝と争った。13世紀前半のシンガナの時代にさらに勢力が拡大し、領土は北方でナルマダ川に、南方ではトゥンガバドラー川に達した。しかし13世紀末以来、デリーのヒルジー朝の侵寇(しんこう)を受けて弱体化し、14世紀初頭には王が捕らえられて滅亡した。13世紀後半の宰相ヘーマードリは学者としても著名である。[辛島 昇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヤーダバ朝の関連キーワードアラー・ウッディーン・ハルジービジャヤナガル王国マリク・カーフールサールンガデーバカーカティーヤ朝ビジャープル

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android