コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユリア・ドムナ ユリア・ドムナJulia Domna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユリア・ドムナ
Julia Domna

[生]?
[没]217
ローマ皇帝セプチミウス・セウェルスの後妻。エメサ (シリア) の神官の娘。 F.フィロストラトスらの哲学者,学者を側近に集めた。夫の死後2子のカラカラゲタそれぞれ皇帝として共同統治を行なったが,争いとなり,ついに前者が後者を彼女の面前で殺害。カラカラの行政を補佐し,強大な実権を握ったが,217年カラカラが暗殺されると,みずから食を断って自殺したとも,暗殺されたともいわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ユリア・ドムナの関連キーワード建安七子ゼフィリヌスカラカラカラカラカラカラヒッポリツス京都議定書目標達成計画フリーター障害者団体用郵便料金割引制度東京箱根間往復大学駅伝競走

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone