ユリウス日(読み)ユリウスにち(英語表記)Julian day

百科事典マイペディアの解説

ユリウス日【ユリウスび】

西暦紀元前4713年1月1日正午(グリニッジ時)から数えた通日。1582年ユリウス暦からグレゴリオ暦に改暦する際,フランスのJ.J.スカリゲルが導入。英語Jurian dayからJDと略記する。年代学,天文観測の日付を統一するのに便利。たとえば1997年2月25日のユリウス日は2450505日。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ユリウスび【ユリウス日 Julian day】

略してJD。フランスのJ.J.スカリゲル(1540‐1609)がグレゴリオ改暦により予想される年代学上の混乱を防ぐために考案したもので,前4713年1月1日(正午)から数えた日数であらわす。ある2時点間の時間間隔を日を単位として数え,天文古記録の調査や天体の軌道計算,変光星の観測などに用いて便利である。また,ユリウス日を用いれば任意の日の曜日や干支なども計算で容易に求めることができる。1983年1月1日のユリウス日は2445335.5である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ユリウスび【ユリウス日】

紀元前4713年1月1日12時から数えた日数。スカリゲル(J. J. Scaliger1540~1609)が考案。天体の軌道計算や変光星の観測に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ユリウス‐び【ユリウス日】

〘名〙 (ユリウスは Julius ガイウス=ユリウス=カエサルの名にちなむ) 紀元前四七一三年一月一日グリニッジ平均正午を起点として数えた通日。一五八二年スカリゲルの創案したもので、年代学・天文学などで用いる。略号 J.D. たとえば日本時の二〇〇六年一月一日午後九時(一月一日一二時グリニッジ時)は二四五三七三七JDとなる。ユリウス通日(つうじつ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユリウス日の関連情報