コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ化水銀(沃化水銀) ようかすいぎんmercury iodide

世界大百科事典 第2版の解説

ようかすいぎん【ヨウ化水銀(沃化水銀) mercury iodide】

ヨウ素と水銀の化合物で,水銀の酸化数がIおよびIIに対応する化合物が存在する。
ヨウ化水銀(I)]
 化学式Hg2I2。黄色正方晶系の結晶。比重7.70,融点290℃(一部分解),140℃で昇華する。構造は臭化水銀(I) Hg2Br2に似ており,Hg-Hg結合をもち,各水銀原子はさらに5個のヨウ素原子を含めて6個の原子とひずんだ八面体6配位構造を有している。硝酸水銀(I)水溶液にヨウ化アルカリを加えると沈殿し,これをろ過後減圧乾燥により得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android