コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウ化水銀 ヨウかすいぎん mercury iodide

2件 の用語解説(ヨウ化水銀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウ化水銀
ヨウかすいぎん
mercury iodide

(1) 二ヨウ化二水銀 (I) ,ヨウ化第一水銀 化学式 Hg2I2 。鮮黄色の結晶。光に当てると黒変するか,あるいは緑色を帯びる。比重 7.70,融点 290℃ (一部分解) 。水,アルコールに不溶。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨウ化水銀
ようかすいぎん
mercury iodide

水銀とヨウ素の化合物。一価および二価の化合物が知られている。
(1)ヨウ化水銀() 黄色ヨード汞(こう)ともいう。化学式Hg2I2、式量655.0。黄緑色粉末。硝酸水銀()水溶液にヨウ化カリウム水溶液を加えるか、エタノール(エチルアルコール)中でヨウ素と水銀を練り合わせて得られる。[I-Hg-Hg-I]のような分子がある。ヨウ化カリウム水溶液を加えると次のように不均化して、溶けると同時に水銀を析出して黒色となる。
Hg2I2+2KI―→K2[HgI4]+Hg
 水にほとんど不溶。エタノール、エーテルに不溶。アンモニア水に溶ける。医薬品として用いられることがあるが、ヨウ化カリウムを併用してはいけない。
(2)ヨウ化水銀() 化学式HgI2、式量454.4。赤色結晶。この赤色のものは常温で安定であるが、熱すると126℃で黄色のものに変わる。水に難溶、熱無水エタノールにはかなり溶ける(25℃, 1.8g/100g)。エーテル、アセトンに不溶、チオ硫酸ナトリウム水溶液に可溶。126℃以上に熱して得られる黄色のものは、黄色ヨウ化水銀とよばれ、黄色斜方晶系微結晶である。融点259℃、沸点354℃。比重6.271。ヨウ化カリウム水溶液でヨード水銀()錯塩をつくる。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヨウ化水銀の関連キーワードダゲレオタイプ沃化・ヨウ化沃化カリウム塩化第二水銀ヨウ化水銀(沃化水銀)ヨウ化水素(沃化水素)ヨウ化水素酸(沃化水素酸)ヨウ化銅(沃化銅)ヨード水銀酸塩ヨウ化テトラメチルアンモニウム

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone