コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライヒシュタイン Reichstein, Tadeus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライヒシュタイン
Reichstein, Tadeus

[生]1897.7.20. ポーランド,ウウォツワウェク
[没]1996.8.1. スイス,バーゼル
スイスの化学者。チューリヒ大学に学び,チューリヒのスイス連邦工科大学有機化学部教授 (1930) ,バーゼル大学薬理学部部長 (38) ,同大学有機化学部部長 (46) 。ステロイド類,特に副賢皮質ホルモンを研究し,26種類のそれを分離した。これらのホルモンのうち,1936年に分離,発表した「Fa物質」は,アメリカの E.C.ケンドルが分離することに成功した「E化合物」と同じものであることがわかり,のちにコーチゾンと名づけられた。諸種の副腎皮質ホルモンおよびその構造と生物学的作用の発見で,ケンドル,P.S.ヘンチとともに,50年のノーベル生理学・医学賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ライヒシュタイン

ポーランド生れのスイスの有機化学者。バーゼル大学教授。1933年ビタミンCの合成に成功。コーチゾンなど副腎皮質ホルモンの研究によって1950年ノーベル生理医学賞。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ライヒシュタイン【Tadeus Reichstein】

1897~1996) ポーランド生まれのスイスの有機化学者。29種類のステロイドを副腎皮質から単離し、またそれらを合成して26種類の構造を決定。ビタミン C 合成の先駆的研究もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライヒシュタイン
らいひしゅたいん
Tadeus Reichstein
(1897―1996)

スイスの有機化学者。7月20日ポーランドのブウォツクベクに生まれる。家族とともにベルリンに移住(1905)、チューリヒでスイス市民権を得、スイス連邦工科大学を卒業(1920)。H・シュタウディンガーのもとで博士号取得(1922)、バーゼル大学薬理学教授(1938)、有機化学教授も引き継ぎ(1946)、有機化学研究所長引退(1960)後も研究グループを指揮した。アスコルビン酸の合成に成功(1933)し、副腎(ふくじん)より多くの結晶ステロイドを単離しそれらの性質と構造の解明、リウマチの薬「コルチゾン」を発見した。1950年E・C・ケンドル、ヘンチとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。[岩田敦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ライヒシュタインの関連キーワードケンドル(Edward Calvin Kendall)フィリップ・S. ヘンチコルチコステロンライヒスタインステロイド