コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラクイラ ラクイラ L'Aquila

3件 の用語解説(ラクイラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラクイラ
ラクイラ
L'Aquila

イタリア中部,アブルッツォ州の州都ならびにラクイラ県の県都。ローマ北東約 85km,アペニン山脈中,標高 720mの高地に位置する。 1240年頃神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世により建設。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラクイラ【L’Aquila】

イタリア中部,アブルッツィ州の州都で同名県の県都。人口6万7820(1990)。アペニノ山脈の盆地にあり(標高721m),グラン・サッソ・ディタリア登山の基地で,夏冬のリゾート地である。13世紀中葉,シチリア王フリードリヒ2世に新都市建設の許可を得たのが始まりとされる。教皇派に移ったためマンフレードに破壊されるが,アンジュー家が再建。ナポリ王国時代は毛織物が有名で,ナポリに次ぐ繁栄をみた。中世以来何度も大地震に見舞われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラクイラ
らくいら
L'Aquila

イタリア南部、アブルッツィ州の州都。人口6万3121(2001国勢調査速報値)。アクイラAquilaともいう。アテルノ川沿いの標高714メートルに位置する。13世紀中ごろにフリードリヒ2世の意向を受けて建設され、15世紀前半までは大いに栄えた。農産物の集散地で、サフランの取引が重要。近年、ローマやアドリア海岸と結び付ける高速道路が建設され、幾世紀にも及ぶ地理的孤立状態は解消された。1458年創設の大学、アブルッツィ国立博物館がある。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラクイラの関連キーワードシローネペスカラポテンツァアブルッツォストロッツィ宮殿モリーゼアブルッツィ[州]モリーゼ[州]アブルッツィ・エ・モリーゼ[州]アブルッツィ公

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラクイラの関連情報