コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラケナリア ラケナリア Lachenalia; cape cowslips

4件 の用語解説(ラケナリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラケナリア
ラケナリア
Lachenalia; cape cowslips

ユリ科ラケナリア属の総称。南アフリカに 100種近くが分布する球根植物。披針形または線形の葉が根出し,条斑 (じょうはん) や斑点の入る種類もある。花茎の先に総状または穂状花序を形成。花被は基部で合着,鐘状または管状を呈し,下垂または上向きにつく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラケナリア(〈ラテン〉Lachenalia)

ユリ科の球根植物。南アフリカ原産。高さ20~30センチ。冬から春に、筒状の花をつける。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラケナリア【Cape cowslip】

ユリ科の半耐寒性の秋植え球根植物。初冬から春に開花する。シラーなどに似た多肉質の葉を1~5枚ほど地表に展開し,その中心から花茎を出して,穂状に花をつけ,下から咲き上がる。大部分の種では葉に暗色の斑点がある。ラケナリア・アロイデスL.aloides (L.f.) Asch.et Graeb.(=L.tricolor Jacq.)は2月から4月にかけて,黄橙色花を高さ約30cmの花茎につける。葉は2枚で,紫色を帯びた斑点が多数はいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラケナリア
らけなりあ
[学]Lachenalia

ユリ科の半耐寒性秋植え球根草。葉は細長く肉厚。高さ20~30センチメートルの花茎に、筒形の小花を多数、穂状または総状につける。南アフリカ原産で、原種だけで50種以上ある。開花期は12~4月と幅広く、花色も紅、橙(だいだい)、黄、緑、紫、茶色と多彩である。ムタビリス種L. mutabilis Loddは紫色花を上向きに開く。アロイデス種L. aloides hort. ex Asch et Graebn. (L. tricolor Jacq. f.)は矮性(わいせい)で、花は緑、黄、橙色の3色からなる。品種にオーレア種CV. aureaがあり、これは高性で、橙黄(とうこう)色の大輪花を開く。繁殖は分球、葉挿し、実生(みしょう)などにより、9月中旬~下旬、4号鉢に3~5球を目安に植え付け、フレームか室内の窓辺で栽培する。晩夏に葉が黄変したら、鉢ごと乾かし、秋まで貯蔵する。[平城好明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラケナリアの関連キーワードトリトニアバビアナアリウムオーニソガラム秋植えダッチアイリスブロディアミニシクラメンワトソニアヒメヒオウギ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラケナリアの関連情報