コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラケナリア ラケナリアLachenalia; cape cowslips

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラケナリア
Lachenalia; cape cowslips

ユリ科ラケナリア属の総称。南アフリカに 100種近くが分布する球根植物披針形または線形の葉が根出し,条斑 (じょうはん) や斑点の入る種類もある。花茎の先に総状または穂状花序を形成。花被は基部合着鐘状または管状を呈し,下垂または上向きにつく。花色は赤,橙,黄,青,紫,白,緑など非常に多彩。微妙な中間色もあって美しい。切り花や鉢植えに利用される。日当りと水はけのよい砂質土壌を好む。晩春茎葉が枯れてきたら,水やりを中止して鉢ごと日陰に置き,休眠させる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラケナリア(〈ラテン〉Lachenalia)

ユリ科の球根植物。南アフリカ原産。高さ20~30センチ。冬から春に、筒状の花をつける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ラケナリア【Cape cowslip】

ユリ科の半耐寒性の秋植え球根植物。初冬から春に開花する。シラーなどに似た多肉質の葉を1~5枚ほど地表に展開し,その中心から花茎を出して,穂状に花をつけ,下から咲き上がる。大部分の種では葉に暗色の斑点がある。ラケナリア・アロイデスL.aloides (L.f.) Asch.et Graeb.(=L.tricolor Jacq.)は2月から4月にかけて,黄橙色花を高さ約30cmの花茎につける。葉は2枚で,紫色を帯びた斑点が多数はいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラケナリア
らけなりあ
[学]Lachenalia

ユリ科の半耐寒性秋植え球根草。葉は細長く肉厚。高さ20~30センチメートルの花茎に、筒形の小花を多数、穂状または総状につける。南アフリカ原産で、原種だけで50種以上ある。開花期は12~4月と幅広く、花色も紅、橙(だいだい)、黄、緑、紫、茶色と多彩である。ムタビリス種L. mutabilis Loddは紫色花を上向きに開く。アロイデス種L. aloides hort. ex Asch et Graebn. (L. tricolor Jacq. f.)は矮性(わいせい)で、花は緑、黄、橙色の3色からなる。品種にオーレア種CV. aureaがあり、これは高性で、橙黄(とうこう)色の大輪花を開く。繁殖は分球、葉挿し、実生(みしょう)などにより、9月中旬~下旬、4号鉢に3~5球を目安に植え付け、フレームか室内の窓辺で栽培する。晩夏に葉が黄変したら、鉢ごと乾かし、秋まで貯蔵する。[平城好明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラケナリアの関連情報