コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラジウム泉(読み)ラジウムセン

百科事典マイペディアの解説

ラジウム泉【ラジウムせん】

ラジウム含有量の多い放射能泉。ラジウム含有量はふつう水1l中に10(-/)8mg以上。日本では島根県の玉造,池田,湯抱,山梨県の増富,兵庫県の有馬などの温泉がラジウムの含有量が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ラジウムせん【ラジウム泉】

ラジウムまたはラドンを含む鉱泉。主に花崗岩地域にみられ、鳥取県の三朝みささはラジウム含有量日本一、山梨県北杜ほくと市の増富ますとみはラドン含有量日本一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android