ラジウム泉(読み)ラジウムセン

百科事典マイペディアの解説

ラジウム泉【ラジウムせん】

ラジウム含有量の多い放射能泉。ラジウム含有量はふつう水1l中に10(-/)8mg以上。日本では島根県の玉造,池田,湯抱,山梨県の増富,兵庫県の有馬などの温泉がラジウムの含有量が多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ラジウムせん【ラジウム泉】

ラジウムまたはラドンを含む鉱泉。主に花崗岩地域にみられ、鳥取県の三朝みささはラジウム含有量日本一、山梨県北杜ほくと市の増富ますとみはラドン含有量日本一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android