コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラス癌遺伝子 ラスがんいでんし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラス癌遺伝子
ラスがんいでんし

現在 50種類以上見つかっているヒトの癌遺伝子のうち,1980年代初め,ヒトの癌組織から初めて取出された癌遺伝子。それがすでにマウスで見つかっていた肉腫ウイルスの癌遺伝子と同じだったことから大きな注目を集めた。ラス癌遺伝子がつくる蛋白質は細胞膜の内側にあって,細胞の外から受けた増殖因子のシグナルを細胞内部に伝える働きをもつことがわかっている。ラス癌遺伝子の活性化は遺伝子配列の点突然変異によるもので,シグナルの正常な仲介ができなくなるため癌化につながると考えられるが,ほかの癌遺伝子との相互作用は解明されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラス‐がんいでんし〔‐ガンヰデンシ〕【ラス×癌遺伝子】

ras oncogene癌(がん)遺伝子の一種。Ha-ras、Ki-ras、N-rasの3種が知られ、人間の癌の約20パーセントからラス遺伝子が検出される。正常でもラス遺伝子の原型はあり、細胞増殖に関係するラスたんぱく質をコード化しているが、この原型の突然変異によってラス癌遺伝子が生じ、異常な細胞増殖をおこす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android