ラチブシュ(英語表記)Racibórz

世界大百科事典 第2版の解説

ラチブシュ【Racibórz】

ポーランド南部,チェコとの国境に近い,カトビツェ県の小都市。人口6万5000(1995)。オドラ(オーデル)川上流,チェコへの通路で,ズデーテン山地とベスキド山地の中間の狭隘な地をモラビアに抜ける〈モラビアの門〉に近く,ヨーロッパ南北交通の要路として発達した。町の起源は9世紀で,市内に市場や教会,城塞など古い建物が多く,食品加工(製糖,製粉)や皮革,醸造業(ワイン,ビール)が立地する。【山本 茂】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android